実証実験 第2弾:生活行動アルゴリズムのモニター協力のご案内(謝礼進呈)

平素はNavi-Eneサービスをご利用頂き誠にありがとうございます。

【2014/11/28更新】文章の表現を一部変更しました。(実験内容に変更はありません)
【2014/12/1更新】参加申し込みを締め切りました。
【2015/3/5更新】実証実験は終了しました。

この度、Navi-Eneでは、家庭における電力消費(Energy)と生活行動(Activity)の関係を調べるため、九州工業大学と
共同でタブレット端末を利用した実証実験を実施することとなりました。
実験期間中、九州工業大学より、タブレット端末Google NEXUS7を貸与いたします。
当実験において、日々の行動の記録にご協力頂いたお客様には、ささやかながら謝礼もご用意しておりますので、
是非ご協力をお願いいたします。
実証実験第1弾を実施中のお客様も参加頂けます。

実証実験で行うこと

実験専用サイトEneAct(エネアクト)から、睡眠や食事など毎日の生活行動を記録して頂きます。
記録した生活行動と使用電力データをアルゴリズムが学習し、電力データから生活行動を予測して表示します。
予測がまちがっていたら、お客様自身で訂正・記録を加えて頂きます。

実証実験にご協力頂くことのメリット

謝礼の進呈
 最後まで実験にご協力頂いたお客様には、「図書カード2,000円分」を進呈いたします。

タブレット端末の利用
 実験期間中、タブレット端末は通常は追加アプリをインストールするなど自由にお使い頂くことが出来ます。
 (ただし、センサデータを継続的に取得するため、使わない時はリビングや
 ダイニングなどの、ご自分で決められた定位置に戻してください。)
 

生活行動の記録
 生活行動を見直すことにより、生活習慣の改善に役立てることができます。
 就寝時間や食事の時間を見直して健康な生活をめざす、TVや家電利用の時間を見直して自分を
 磨く時間を捻出する、お子様の勉強時間を確保する、など、ご家庭の将来の夢実現のために
 自由な目的にお使いいただけます.

実証実験の対象

・日程:2014年12月5日~2015年3月4日(3か月)
・対象:Navi-Ene Master UC133(非太陽光版)をご利用のお客様
    ※Navi-Ene Master UC135、UC136(太陽光版)をご利用のお客様は対象外となります。
    実証実験第1弾を実施中のお客様も参加頂けます。

実験の流れ

1. 実験参加申し込みの実施
   実験実施に伴いタブレット端末(Google NEXUS7を)を配布するため、必要情報を入力頂きます。
 誠に勝手ながら、回答期限は2014年12月1日0:00までとさせて頂きます。
   ※Navi-Eneサポートページから外部のサイトに切り替わります。
  
     参加申し込みを締め切りました。

2. 実験環境の準備
   実験開始までにタブレット端末が届きます。
 ご家庭でよく使用する場所に設置してください。
 実験用のアプリ(EneLog)をインストールして頂きます。
 ※タブレット端末はインターネット環境に接続する必要があります。
  常時接続しているインターネット環境をご用意頂き、宅内の無線LANアクセス
  ポイントへの接続を行って頂きます。
 ※実験用のアプリのインストールにあたり、Googleのアカウントが必要になります。
  アカウント作成にかかる時間は数分程度です。

 ※実験用のアプリではタブレット端末の加速度・角速度・照度センサデータを収集いたします。

3. 生活行動の記録(1日5分程度)
 EneActのページにログインし、睡眠や食事などの日々の生活行動を記録して頂きます。
 入力して頂いた情報とNavi-Eneの電力データの関連を学習し、以降は電力データから
 生活行動を予測して表示するようになります。
 実験の初期では精度が低いため、生活行動の予測データを訂正頂きます。
 この作業を継続することで予測の精度を徐々に高めていきます。
  
     実証実験は終了いたしました。

4. 実験機材の返却
 実験完了後はタブレット端末を返却頂きます。(お客様が送料を負担することはございません)

  ※この実験では、以下の情報を収集します。
 1.電力使用実績データ
 2.タブレット端末から得られる加速度・角速度・照度センサデータ
 3.EneActで入力していただく行動記録データ
 このうち1については、Navi-Eneの「個人情報保護方針」および「個人情報の取り扱い」をご覧ください。
 また、2および3のデータに関する詳細は、EneActのホームページにある「データの使用範囲、二次利用について」を
 ご覧ください。


 実験参加申し込みの実施、実験環境の準備、生活行動の記録、実験機材の返却の全てにご協力頂いたお客様に、
 謝礼を進呈させて頂きます。


 

免責事項

・実験を最後まで実施されなかった場合は、謝礼は進呈できません。
・実験用アプリでのデータ収集率が80%未満の場合は、謝礼を進呈できないことがあります。
・生活行動の記録率が80%未満の場合は、謝礼を進呈できないことがあります。
・電力データの欠損が多い場合は、謝礼を進呈できないことがあります 。
・社会情勢の変化や、システムの保守・復旧、もしくは天災等の不可抗力により、実証実験の中断・中止、
 実証期間の変更、及びモニターに対する途中解約、それに伴う謝礼の変更を行うことがあります。
・機器の設置環境等により、本実証実験に参加できないことがあります。

実証実験に関するお問い合わせ先

 九州工業大学 井上創造研究室EneActプロジェクト:eneact-sozolab@googlegroups.com
 Navi-Eneサポートにお問い合わせ頂いた場合は、九州工業大学 EneActプロジェクト経由で回答させて頂く場合がございます。
 ご了承ください。